電波少年的 Part2

  • 2012/03/01(木) 14:48:08

旅に災難は付き物です…
今回の旅で最大に参ったこと
それはバラナシからデリーへの帰りに起きた
行きは寝台列車を予約し
電車でバラナシへ行った

時間も無いし
一度列車で旅行を味わったし
帰りは国内線の飛行機でデリーに戻り
デリーに一泊して
翌日、昼の国際線でバンコクへ飛ぼうと


なのに…
バラナシの空港に行くと
「今日と明日は飛行機は飛ばない。
キャンセルになった」
と言われた
「はっ??」ですよ!!
他の航空会社も満席で
次の日のに乗っても
バンコクへの飛行機に間に合わない…泣きそっ

にっくき
キングフィッシャーエアライン(*`へ´*)


考えた結果
寝台列車でデリーに向かう事にした

また1時間かけて町へ戻る

電車は朝早く着くのがあった
が…特等、準特等、一等、二等、三等
全て満席( ̄ー ̄)

残すは、まさかの自由席
インドの自由席
予約不要の自由席
14時間。

ツーリストインフォメーションに行くと
日本人の男の子が三人居た

経緯を話す

「姉さん!今まで自由席に外人が乗ってんの
見た事も聞いた事も無いっすよ!
インド人のカオスですよ!
ガンジス川入るわ、自由席乗るわ…
絶対に結婚出来ないっすね!」
と言われた( ̄ー ̄)

でも選択肢など無い

意を決して乗った
初めは男の人もいる車両に

そしたら女性専用車両に案内してくれた

が、女こそ恐い…
自分さえよければ丸出し…
喧嘩ばかり、子供は泣きまくり
満席なのに、もっとつめろ!と座ってくる


誰かがヨーグルトをバケツ一杯こぼし喧嘩

倒した人が素手でかき集めてる
私は自分のタオルとビニール袋とティッシュを投げる
誰かが私をとめる

「あの人が悪いんだから助けなくていいのよ!」
と…

私はイラっとして日本語で
「わざとじゃないでしょ?
事故だから仕方ないじゃないの?
みんな冷た過ぎる!あんまりだ!」
と言って、すっかりインドの中に馴染む

たまに停車駅でチャイ売りが回ってくる
とても美味しかった

網棚にも人が寝てる
床も人が寝てて見えない

気を使って私に
「水飲む?」と
物凄く汚いペットボトルが差し出された
NOと言えずサンキューと
両手の手のひらで水を受けて飲んだ
ドキドキし過ぎて常に笑っていた私
手作りのご飯も貰った
NOと言えず…

誰も英語を喋れない

料理の名前は何なのか身振り手振りで尋ねる
彼女はしばらく考え
「………、、、ポテト」と笑顔で答えてくれた

苦笑いの連続でした

電波少年的 Part1

  • 2012/03/01(木) 13:40:44

インド、オールドデリーのカレー屋
「カリーム・ホテル」を探してます

最後に「イテッ!」と言って映像は終わります
その時、私はリクシャー(自転車タクシー)に
ひかれました…
割りと頻繁にひかれました

2012 インド&タイ旅行記 ガンガー

  • 2012/02/29(水) 03:01:58

バラナシに居た2泊3日
町を歩き回った
カンガー沿いをひたすら歩いた

川に沐浴する人々
インド人以外が入ってるのは
一度も見なかった


旅行前に聞いた
免疫の無い旅行者が川に入ったら
伝染病にかかったりするんだと・・・

私は決めてた
「入る」とね

死体が流れてた

皆 想像だと思った
現実のリアルな選択

昔流行ったじゃない?
「ウンコ味のカレーとカレー味のウンコどっち食べる?」
ってやつ
でも現に目の前にある訳でなく
想像でしかなかった事にきづく

「死体とか流れてんでしょ?」
それだけの想像は怖いし気持ち悪いと思った

たとえ死体でも さっきまで生きてて
それは誰かに愛されてた誰かの大切な人で
自分の親や愛する人が流れてても
「気持ち悪い、怖い」なんて思わないよなぁ
と気付く

そして死体よりウンコの方がイヤだな私は
って事にも気付く

こんな事 日頃考えない事だし
現に選択を迫られる事でもない


まだ肌寒い午前中
「よし!!」っとホテルから川に下りてった
そこに居た韓国人の男の子にカメラ渡し
「私、今から入るから撮ってて!!」
と告げる
彼は慌ててた
「え?入るって??やめなよ!!信じられない!!」
と(笑)

沐浴場はガードと呼ばれ
ガンジス川沿いに沢山ある
各ガードにはバラモンと呼ばれる
僧侶的な人が大きな傘の下に座って番をしている

身振り手振りで
今から私は川に入るけどいい?
と尋ねると
バラモンは立ち上がり手を引いてくれた
泣きそうになった

そして
下は階段になってて危ないから
座って一段ずつ下りて行きなさい
と身振り手振りで答えてくれた

一番心配だった足の感触・・・

下はヌルヌルだった

何度も「シャーーーー!!!!」って言った
リアル気合を入れまくった


鼻をつまんで3回
頭までザブン!ザブン!!ザブン!!!
と潜った

それよりなにより
かなり寒い日で寒かった・・・(笑)

感極まって泣く事も無く
むしろ部外者が観光気分ですみません
って思ったので極力静かに入った
人生観、価値観も特に変化は見られません♪

水から上がりお賽銭をバラモンに渡す
お経みたいなのを唱えてくれた

女性は自分でおでこに印を付け
男性はバラモンから付けてもらうらしい

でも特別にだったのかもしれない
私には3本の線と赤い天を書いてくれた

川の波と太陽かな
それか四天王の一人
三本線の神様の印かな

とても嬉しかった
嬉しくて2日間 取れないように
頭を注意して洗ったし
顔はオデコ以外を洗った

インドの水も飲んだし
ガンジス川も入ったし
やっぱ人は強いのです
菌より死体よりウンコより
生きてる人間が一番強いのです

負ける気がしないので
きっと私はインドにて
更にパワーアップを果たしてしまいました☆


2012 インド&タイ旅行記 バラナシ

  • 2012/02/29(水) 02:18:00

アーグラから寝台特急で12〜13時間?
シヴァ神の聖地
ガンジス川で有名なバラナシへ☆


寝台列車は意外と快適でした
上から3番目のクラスの2Aという席をとりました
これは両方に2段になってるクラスで
更に下はSLで このクラスは3段になってる


到着後
なんだかクタクタで
「すげーとこに来たなぁ・・」
と、炎天下のもとチャイを飲む(8円)

見ての通り
道は牛のウンコだらけ@バラナシ
動物園のゾウのコーナーの臭いがする@バラナシ

大沢たかおさんの映画?ドラマ?
深夜特急だっけ?
私はぼんやりしか覚えてないのだけど
何故か覚えてるシーンがあって

まさに会っちゃいました!!
写真を見せられ
「俺、‘神様いるか?’とか言ってた」
って・・・・あの少年だった子を発見☆
マジ笑った

もう おっさんやん!!

ここバラナシでは
毎日18:30から‘プージャ’という
お祈りの儀式がある


毎日って凄いよね
年イチの祭り並みに多くの人が集まってた

のどかな信仰心の強い
田舎町バラナシ
ベジタリアンの店が多くて
制限されると食べたくなるのが
贅沢日本人の私・・・

メニューを真剣に見る

バラナシでは毎日動きまくった割りに
ベジタリアン生活で
食も細くなり
痩せたはず・・・

泊まっていた‘アルカホテル’

目の前ガンガーで最高でしょ♪
レストランも美味しかったし
(ベジレストランだったけど)

毎日が早かったなぁ

ホテルに帰るとき
ボートの方が早いと思って乗ってみた
ら・・・子供が漕いで
全然進まず!!
遭難するんじゃないか?と心配になった

歩いて10分のとこが
ボートに乗ったせいで40分かかった・・・
子供だからか凄くうるさくて
「うるさい、だまって!!静かに!!」
と半分キレ気味の私

でもチビッコ可愛かったなぁ

2012 インド&タイ旅行記 タージ・マハル

  • 2012/02/29(水) 01:31:59

ニューデリー駅から特急電車で向かったアーグラ
あのタージマハルがある場所
片道3時間のはずが・・・
当たり前の様に5時間かかりました
ここインドでは電車の遅れは当たり前な感じなのです

タージマハルは
愛する奥様の為に
王様が建てた総大理石のお墓なのです
素敵よね

「世界で最も美しい墓」
といわれています

そして
思った以上にデカくて
装飾が素敵で綺麗で
マジ感動しました私

インド人20ルピー
外人750ルピーってひどいよね(笑)

今のところ行った世界文化遺産の中で
一番好きでした
ちなみに
一番な世界自然遺産は今のところ
オーストラリアのオライリーズ国立公園です

タージの近くに差し掛かると
片言の日本語で「ガイドしますよ〜」と
インド人が寄ってくる
「600ルピーでいいよ〜」って
1ルピー2円として1200円
「高け〜よ。200ルピーにして」
はい、あっさりオッケー

てな訳で
インド人の彼とタージをまわる
御一緒に感動して下さい☆


感動ってこのことです!!

すごくすごく素敵でした
そして本当に真っ白で
出来立てなくらい白くてピカピカで

土禁なのでシャンプーハットみたいなのを装着します
インド人は裸足になります


装飾が素晴しくて・・・
ペイントではなくて全て自然の石の色なんです


でね、ガイドが私のカメラを持ってて
いちいち私を入れて写真を撮るのだよぉ


「もういいって!!」って言うのに

激写、激写でした(笑)


「そこに立って!!」


「そこに座って!!」


「片足曲げて!そうじゃない!!横向いて両足上げて!片足曲げて」


「何これ??もうイヤだぁ!!!!」
爆笑っすよ・・・

しまいには

「そこの下に下りて片足上げて手はあごの下・・・」
ってさぁ?!

「しねーしっ!!!!もうイヤ!!」
誰かに見られたら恥ずかしすぎる光景でした
苦笑いしまくり。

この床はジャスミンのお花の模様で
すっごく素敵でした☆


そして
やっぱりインドの建物には
インド人が凄く似合います


そしてタージを堪能し
帰りに仲良くなったインド人の男性が
「家に来るか?」と言うので
「うん、行く」と私
またまたチャレンジャー選択をしまして
行ってみました・・・(笑)

目新しくてキッチンとか
いちいち素敵だなぁと感動し
ガン見しちゃいました

中に入ると
狭い部屋にビッシリ家族が寝転んで
テレビを見ていました
申し訳なくて「帰ります!!」と言ったのだけど
何故か気に入られて
若い誰かの奥様がチャイを淹れてくれたり

色んな写真を持って来ては見せてくれました
でも・・・
何やってんだか

ウルウン滞在記か?!って感じでしょ
ウケルよね
何やってんだか・・・

父よ
母よ
姉よ
兄よ
こんな私をお許し下さい
見知らぬインド人ち行ってきた私

2012 インド&タイ旅行記

  • 2012/02/28(火) 23:55:49

今となっては
「余裕っす」と答えますが
実際は相当過酷な・・・
過酷過ぎて頭おかしくなって何度も爆笑しました

それくらい過酷な感じ
でもいっても私も大人なので
いい意味で人をナメてて諦めもあって
フワリと淡々と過ごせました

入国して疲労のあまり
騙してくるインド人にわざと付いて行き
「この先どうなるのかな・・・」
とワクワクする余裕もありました

素敵なイミグレーションでした☆

デリー駅でバイクタクシーに乗せられ
わざと付いて行き
法外な金額のチケットを売りつけてきたインド人に
まず説教をした
そんなスタートでした

ダンチュウのインド特集のカレー屋を目指し
(日本で縮小カラーコピーしたのに
日本に忘れてしまった)

騙してきたバイクタクシーに
せっかくなので送ってもらった(笑)

大きな通りで降ろしてもらい
自力で‘カリームホテル’を探す・・・
無いし!!!

色んな人に聞き
やっと見つけた
こんな路地の奥


細い道を進むと・・・



あったのだ☆
本で見たそのままで
通りにキッチンが半分出た様な
異国感漂うお店

なんたって日本に雑誌を忘れてしまったので
お目当てだったメニューが分からない・・・
仕方なく王道の‘バターチキン’をオーダーした

そもそも大衆定食屋みたいな店なので
周りは全部インド人でした

カレーは本当に美味しかった
ライムが付いていたので絞ってみたら
またさらに美味しい♪

右手ヤケド中だったので
手がキタナイですが・・・

で気付いた事は
ナン、めんどくさって事
じゃない?
いちいちちぎるの
私今ごろ気付いたけど
イヤだわ
ナン、いやだわ
一気にちぎりたい
でも行儀違反だろうし
少しずつちぎって食べたけど
やっぱ面倒臭くて
どっと疲れがきて
まさかの・・・半分残した(笑)
あれよね?しかも一人旅の欠点ですが
一品をひたすら食べなきゃいけないから
飽きちゃうよなぁ

よって旅のほとんどこれ以降は
誰かをナンパして御飯に行くようにしました

星野源

  • 2012/02/28(火) 17:53:02

彼の中には
私の愛してやまないミュージシャンが
全員入ってる気さえする


星野源/フィルム

どうせなら作れ作れ
目の前の景色を
そうだろ
電気じゃ 闇はうつせないよ
焼き付けるには そう
嘘も連れて 目の前においでよ

どんなことも 胸が裂けるほど苦しい
夜が来ても すべて憶えているだろ
声を上げて 飛び上がるほどに嬉しい
そんな日々が これから起こるはずだろ

今夜は…

  • 2011/08/23(火) 21:47:04

一番

  • 2011/07/27(水) 01:29:56

「一番好きなミュージシャンは?」
「一番好きな映画は?」
「一番好きなブランドは?」
etc・・・

まじ困る質問
3つまで答えさせて欲しい

初めから最後まで好きでいる気がしない
そこまで身をゆだねてない

行き成り好きな流れから
作り手側が何かにインスパイヤーされて
行き成り方向転換するかもしれないし
逆にこっちも年をとり
魚や野菜が美味しくなったりするし
現に‘したし’
だから最初から最後まで全て持ってるミュージシャンは
ジュディマリくらい
純粋だったからかな(笑)
あん時は身をゆだねてたはず


ふと好きな曲
もしかしたら一番好きな曲なのかな?
を思った

Risa Loeb/stay


この映画の挿入歌だった
Reality Bites


そっから映画は印象にはあんまり残らなかったけど
この曲が残った
あとウィノナ・ライダーが可愛すぎる☆

食べすぎ注意☆

  • 2011/07/27(水) 00:32:11

今日は16:00ごろのやっとのお昼御飯
友達は御飯を済ませていたので
時間帯やら大雨の天気やら私は車って事を考え・・・

久々のジョイ○ルへ♪

メニューを見ながら
「この横にソーセージなら良いのになぁ」
「和食セットにサラダだったらいいのになぁ」
「レストランなら融通利かせてくれるんだろうなぁ」
「てか、安っ!!」
なんて私がペラペラ言ってると
友達に「相変わらずワガママ言いたい放題だね・・」
なんて言われる始末
「いえいえ希望&主張ですから」
と返す

相当腹ペコだったので
カットステーキセット&和食セット&鶏唐揚げサラダ
おっと、もちろんドリンクバーセット
本当はプラス料金で豚汁セットにしたかったけど
さすがに牛・豚・鶏を一度に食べるのはなぁ・・・と断念。

唐揚げが・・・4〜5個onされてまして
ビックリ☆
「うん、おいしい」とパクパク食べてると
友達に
「相変わらず食いっぷりいいね・・・」
「君、こんな所では‘美味しくない!!’って言って
食事しない人だと思ってた・・・」
なんて言われ
「いえいえ、私、基本、意見を求められたりそれ相応の店なら
バンバン文句言うけど、ファミレスだよ、この値段で文句は言えないし
凄いなぁって思うよ。美味しいし。
でも言えばね、ドレッシングかけ過ぎ、でもこの値段だし文句は無い」
とペラペラ返す

食べ終わって私一言
「気持ち悪い。食べ過ぎた」
友達
「そりゃそうでしょ・・・綺麗に食べたね・・・」

そのまま友達と別れマキんちへ・・・

そしたら別腹?
オススメのレバーの燻製と赤ワイン


しばらく話をしたりテレビを観たりして
運動不足の妊婦マキと一緒に散歩へ
雨が少し降ってたけど雨は好きだから気持ちよかった
で・・・
帰りにケーキ屋へ(笑)
私はピスタチオのムースとフィナンシェ
マキはシュークリーム

朝から
マッサージ→エステ→髪染め
をしつつ
この16:00〜19:00までのこの食生活
充実した、忙しく慌しいバタバタバクバクな一日でした☆

ちなみに
最近の中で一番美味しかったのは
少し前に行った2軒
天然鰻の店


大将含め10000000満点のお寿司屋さん

この日も立て続けに2軒行ったので満腹な日だった・・・
高級満腹VSリーズナブル満腹
どちらも捨てがたい満腹です

やっぱ食べるのすっきゃねん♪
どーしても行きたいお店には
絶対行きたいので
健康に過ごして美味しく食べれる様
ココロもカラダも元気に暮らしたいです