井戸募金

  • 2011/06/12(日) 01:32:38

パラダイス食堂レジ横に
オープン当初から置いていました
‘カンボジアに井戸を掘ろう募金’ですが
目標の3万円を達成しました☆
本当にありがとうございました

下の友人の事を書いたblogもそうですが
皆さんの協力あって成し得る事
ひとりひとりの気持ちの詰まった
コイン一枚一枚が私にとったら本当に重くて
有り難いです

井戸募金を始めたきっかけは
カンボジアへ行った時の経験がきっかけであり
また鹿児島にてアジア料理屋と
位置づけられる店をしてるならば
何か現地の為になる事をしてなきゃ
やっちゃいかんな、と思ったのと
色々です

カンボジア
それはそれは貧しい国でした
子供は裸足
学校へ行かず家の手伝いをしてた
遠くまで水汲みに行くのも子供の仕事
毎日毎日 何回も何回も・・・

学校があっても水汲みや畑仕事があるから
結局、水汲みの為に学校へは行けない
日本では考えられない
ひねると出るのが当たり前だもんね

貧しい国の子供たちは何であんなにキラキラ笑うのか・・・
大きな夢を口にするのか
‘豊か’とは何なのか考えさせられます
私が思う‘豊か’とは
近くの人が笑ってる事だと思う
自分もそうありたいと
一生懸命や必死は格好悪いなんて思っていた事こそが恥ずかしい
自分以外の他人に一生懸命な人になりたい
子供たちは愛する親の為に働いていた
きっと大人になって結婚して子供が生まれて
そしたらその子供達がまた親の為に働くのでしょう
それが素晴しいとか素晴しくないとか
なんて狭い世界なんでしょうとか
色々思うだろうけど

せめて井戸があれば
少しは役に立つ気がする

やったらやった分の事が返って来る
それは いい事も悪いことも同じ
それと やってもらった事を今度は自分が返そうと思う
私は31年間 随分と愛されてきた


話は少し反れるけど
この前、奇妙君を空港に送ってる時
食べ物の話になった
「大阪って選べるほど美味しいお店沢山あるからいいよね〜」
と私が言うと奇妙君は
「そやなぁ!。。。でも家で食べるのがいっちゃん美味しい」
って言った
お店をしている私としてはそうだと困るんだけど
でも それって幸せだなぁって思った

何か
そういうことを井戸募金を通して少し考えた

タイミングが合えば
井戸を掘りにカンボジアに行けたら、と思ってる
そうやって自分がどこへ向かってるのか分からないけど
進めば壁はどんどん現われるんだろうけど
ユウタロウの言葉を借りれば‘修行’です
もっともっと修行を積まねば・・・・