自家製梅酒

  • 2013/05/12(日) 17:35:41

梅酒を漬けるのは
少しだけ体力とやる気が必要
特に青梅が出る時期は
何故か気持ちも体力も無い事が毎年

ちなみに
今日もパラダイス食堂
お休みしました
ここんとこ不規則営業で
本当に申し訳ありません
休んでばかりの罪ほろぼしで
梅酒のレシピを紹介させて頂きます

市場で梅を見かけ
「今日は頑張れないな…」
なんて思ってると
市場で出回る梅はオレンジがかってくる

早めに腹をくくり
仕込む事が大切

梅に動かされる前に
自分始動ではじめよう☆

毎年5月下旬に仕込みますが
今年は既に仕込み完了しました

毎年の事ですが
黒糖と泡盛を使用しました

材料
・青梅 2.2kg
・氷砂糖 1kg
・黒糖 0.5kg
・ホワイトリカー 1.8ml
・泡盛 1.8ml
*ホワイトリカー、泡盛は共に度数35度を使用

20130512173004

1.梅のヘソを爪楊枝で取って掃除する

201305121730042

結局、爪楊枝は11本使いました

201305121730044

2.よく水洗いしザルにあげる
半日陰干しするかラップをせずに冷蔵庫に置く

201305121730046

3.フォークを使って10回位刺す

201305121730048

4.アルコール消毒した清潔な容器に
梅、氷砂糖、黒糖を重ねていく
今回は2回重ねました

5.ホワイトリカーと泡盛を注ぐ
これをパラ食では
半年間常温のカウンターで寝かせます

2013051217300410

右のは2年ものの自家製梅酒です
(使用容器はゴンザ通りOWLにて購入出来ます♪)

材料と分量をメモし
毎年、味の違いを楽しむ

ホワイトリカーだけだと
あっさりとした梅酒になるし
泡盛を使うと初めはパンチがあるけど
半年過ぎた頃から深いコクが出てきます
黒糖だけだと少し甘ったるくなり過ぎます

梅酒は酒税が安いので
出来上がったものを買うのが安上がり…
35度の泡盛やホワイトリカーは酒税も高いし
手作りは手間もかかり
お金もかかる…

でもジワジワ出来上がっていくのを
目や舌で観察し
蓋を開けた時の梅の果実味のある香りを感じ
見た目もいかにも美味しそうになり
まろみやコクが深みを増す事を感じると
やっぱ手作りの素晴らしさのワクワク感に
市販のものは敵いません

まだ作った事が無い方も
今年は是非、チャレンジしてみてください♪