電波少年的 Part2

  • 2012/03/01(木) 14:48:08

旅に災難は付き物です…
今回の旅で最大に参ったこと
それはバラナシからデリーへの帰りに起きた
行きは寝台列車を予約し
電車でバラナシへ行った

時間も無いし
一度列車で旅行を味わったし
帰りは国内線の飛行機でデリーに戻り
デリーに一泊して
翌日、昼の国際線でバンコクへ飛ぼうと


なのに…
バラナシの空港に行くと
「今日と明日は飛行機は飛ばない。
キャンセルになった」
と言われた
「はっ??」ですよ!!
他の航空会社も満席で
次の日のに乗っても
バンコクへの飛行機に間に合わない…泣きそっ

にっくき
キングフィッシャーエアライン(*`へ´*)


考えた結果
寝台列車でデリーに向かう事にした

また1時間かけて町へ戻る

電車は朝早く着くのがあった
が…特等、準特等、一等、二等、三等
全て満席( ̄ー ̄)

残すは、まさかの自由席
インドの自由席
予約不要の自由席
14時間。

ツーリストインフォメーションに行くと
日本人の男の子が三人居た

経緯を話す

「姉さん!今まで自由席に外人が乗ってんの
見た事も聞いた事も無いっすよ!
インド人のカオスですよ!
ガンジス川入るわ、自由席乗るわ…
絶対に結婚出来ないっすね!」
と言われた( ̄ー ̄)

でも選択肢など無い

意を決して乗った
初めは男の人もいる車両に

そしたら女性専用車両に案内してくれた

が、女こそ恐い…
自分さえよければ丸出し…
喧嘩ばかり、子供は泣きまくり
満席なのに、もっとつめろ!と座ってくる


誰かがヨーグルトをバケツ一杯こぼし喧嘩

倒した人が素手でかき集めてる
私は自分のタオルとビニール袋とティッシュを投げる
誰かが私をとめる

「あの人が悪いんだから助けなくていいのよ!」
と…

私はイラっとして日本語で
「わざとじゃないでしょ?
事故だから仕方ないじゃないの?
みんな冷た過ぎる!あんまりだ!」
と言って、すっかりインドの中に馴染む

たまに停車駅でチャイ売りが回ってくる
とても美味しかった

網棚にも人が寝てる
床も人が寝てて見えない

気を使って私に
「水飲む?」と
物凄く汚いペットボトルが差し出された
NOと言えずサンキューと
両手の手のひらで水を受けて飲んだ
ドキドキし過ぎて常に笑っていた私
手作りのご飯も貰った
NOと言えず…

誰も英語を喋れない

料理の名前は何なのか身振り手振りで尋ねる
彼女はしばらく考え
「………、、、ポテト」と笑顔で答えてくれた

苦笑いの連続でした